車両運動研究室

Vehicle Dynamics

車両運動研究室は鉄道車両の脱線、転覆に対する走行安全性や振動に関する分野を担当しています。車輪に生じる力、車両動揺などの計測法やデータ解析法の開発、車両運動に関する現象解明等について、走行試験とシミュレーションの両面から取り組んでおり、鉄道車両の走行安全性の向上と振動防止を目指しています。

研究開発

蛇行動の発生メカニズムに関する研究

実物台車を用いた定置試験と理論解析の両面から蛇行動の発生条件を解明しました。

実物台車を用いた定置試験と理論解析の両面から蛇行動の発生条件を解明しました。

シリコン緩衝器の性能向上

前後方向の乗り心地向上と列車座屈発生リスク低減を実現する緩衝器を試作しました。

前後方向の乗り心地向上と列車座屈発生リスク低減を実現する緩衝器を試作しました。

編成前後・上下連成運動解析

編成前後・上下連成運動解析に取り組んでいます。

編成前後・上下連成運動解析に取り組んでいます。

車輪/レールの接触解析

アタック角やレール断面形状の変化などの影響を考慮できる3次元的な接触解析手法を開発しました。

アタック角やレール断面形状の変化などの影響を考慮できる3次元的な接触解析手法を開発しました。

鉄道車両の走行安全性評価

車輪/レール間に働く力(輪重、横圧)を測定して、新型車両の走行安全性評価や、速度向上判定を行います。

車輪/レール間に働く力(輪重、横圧)を測定して、新型車両の走行安全性評価や、速度向上判定を行います。

鉄道車両の乗り心地測定および評価

車両の左右・上下・前後方向の加速度を測定して、乗り心地の評価をします。

車両の左右・上下・前後方向の加速度を測定して、乗り心地の評価をします。

実験設備

PQ輪軸・連結器検定装置

PQ測定用の輪軸(輪重、横圧を測定する輪軸)および自連力測定用の連結器の較正を行うための装置です。

PQ測定用の輪軸(輪重、横圧を測定する輪軸)および自連力測定用の連結器の較正を行うための装置です。