RRR

Railway Research Review

研究開発成果および鉄道技術をわかりやすく紹介する鉄道総研の月刊PR誌です。

最新号

2019年2月号(Vol.76 No.2)
軌道を診る

 軌道は,車両の走行や経年により徐々に劣化する構造物であるため,定期的な検査と補修が必要不可欠です。定期的な検査には,レールや道床などの軌道を構成する部材の劣化や損傷を診るもの,軌道全体の形状などを診るものがあり,いずれの検査についても,車両が安全に走行するための機能を維持しているかを適切に診断することはとても重要です。本特集では,鉄道のさらなる安全性・信頼性の向上や軌道の維持・管理の低コスト化に向けた検査・診断技術の開発や取り組みについて紹介します。

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

2002年

2001年

2000年

1999年

1998年

1997年

1996年

1995年

PAGE TOP